2019年5月19日日曜日

令和元年度 日立市P連総会が開催されました

情報委員長の磯崎です。
市P連は新年度となり、新たなスタートを切りました。
情報委員会では、当ブログを活用し市内の小中学校の情報を共有化するとともに他校との連携や他校の活動を参考にするなどPTA活動の手助けとなれるよう活動していきますので宜しくお願い致します。


令和元年5月11日(土)、日立シビックセンター多用途ホールにて、日立市立小・中学校PTA連合会の定期総会が開催されました。

今年度は、総会の前に各地区PTA会長・母親委員顔合わせを行いました。はじめて市P連に携わる方に市P連という組織について理解して頂くこと、今年度自分と同じ立場(PTA会長や母親委員)で活動している方々と知り合いになって頂くことを目的とし、市P連の人脈を上手く活用しPTA活動の力になれるように開催されました。

はじめは少しだけ馴染めない雰囲気でしたが、自己紹介を含め、皆さんの学校での特色ある活動の紹介や抱えている問題などを伝えていくうちに共感を生み学校名やお名前、顔などを覚えることが出来たようです。進行係の司会で各学校の問題に対しアンケート式で回答を得たり、意見を出し合ったりもしていました。
顔合わせに引き続き総会に移行しました。
総会は、吉成副市長をはじめ多数の来賓の方々の出席のもと盛大に行われました

吉成副市長からご挨拶を頂きました

平成30年度の生涯学習委員会活動報告をする安委員長

平成30年度の未来委員会活動報告をする草地委員長

平成30年度の情報委員会活動報告をする飛田委員長

平成30年度の母親委員会活動報告をする縮委員長

新役員が承認されました

全ての議事は、確認・承認され総会は閉会しました。

引き続き懇親会がホテルテラスザスクエア日立イルバンカーレにて開催され、総会に引き続き沢山の来賓の方々に参加頂き、盛大に開催されました。

小川市長からご挨拶を頂きました

懇親会では、来賓の方々やPTA会長、母親委員とのざっくばらんに会話が盛り上がり、市P連の活動やPTA活動そのものにも一層の理解が深まったと思います。
市P連新年度の開始に総会において全員の気持ちがひとつになれたように感じました。


2019年3月25日月曜日

TOPs紙漉き体験【豊浦小学校】

豊浦小学校の磯崎です。
TOPs(豊浦おやじパワーズ)では和紙の紙漉き体験を企画しました。

今回の和紙作りは、紙漉き体験を通して和紙の素晴らしさを伝える活動を続けている「萩和紙の会」に協力を依頼しました。
今回は葉書サイズの和紙を作ることとしました。

体験自体は6年生の希望者を対象に募集しましたが、目的は6年生全員分の和紙葉書を作ることです。
作成した葉書は、「中学3年生の自分に今の気持ちを伝えよう」「中学時代にやりたい事」をテーマにメッセージを書き込んでもらい、TOPsが一時預かり6年生が中学3年生になった時に郵送します。
これは、中学3年生と言えば、これからの進路について色々な悩みが出てくる時期でもあり、その時期に小学6年生だった時の思いを伝えることで、改めて自分を見つめなおして欲しいというTOPsの願いを込めての企画です。

紙漉き体験は、紙を漉く作業のみでなく、「紙漉き」という漢字の成り立ちから、和紙の成分の説明、和紙とそれ以外の紙の違い等を面白く楽しく教えてもらい子ども達は和紙についての知識を深めました。
子ども達は、紙漉き未体験でしたが直ぐに上手く作れるようになり楽しみながら6年生全員分84枚をあっという間に作ることが出来ました。
作成した和紙には透かし模様を入れたり、紅葉や押し花などを入れたりして飾り付けをしました。
今回の紙漉き体験に掛かった費用(和紙代、郵送代)は、TOPsが地域のお祭りなどに屋台を出店して得た収益にて支払いました。

これからもTOPsでは子どもたちの思い出作りをサポートしていきます。
今回の体験は、「萩和紙の会」の活動拠点である高萩市にある「NPO法人 里山文化ネットワーク」の事務所兼作業場で行いましたが、「萩和紙の会」では、学校やコミュニティへの出張体験も行っているとのことです。







2019年2月28日木曜日

『日立市民綱引き大会』で優勝【会瀬小学校】

 2月9日(土)に開催された第28回日立市民綱引き大会に会瀬おやじネットワークが参加してきました。
 当日は小雪が舞う中、会場の日立体育館に会瀬おやじネットワークの有志11人が集合しました。一般の部は3チームの総当り戦で、助川小PTAチーム、市内教員チームに連勝し、みごと優勝しました。事前に2回練習日を設け、準備万端で臨みましたが、まさか優勝できるとは、おやじ達もびっくりでした。
 ジュニアの部は20チーム近いエントリーがあり、大人たちも熱くなるほどの熱戦が繰り広げられました。わが会瀬小の児童でつくった会瀬ファイターズも素晴らしい活躍で、準優勝に輝きました。
 簡単そうで奥の深い綱引き、来年は是非とも多くの「おやじの会」からの挑戦を受けたいと思います。




2019年2月26日火曜日

PTA講演会【中小路小学校】

未来委員会の草地です。

2月4日(月)中小路小学校の体育館で、PTA講演会を3年振りに開催しました。
 今回は、大道芸ワールドカップで優勝経験のある大道芸アーティストのサンキュー手塚さんに「英語より体を動かそう!」をテーマにご講演頂きました。


講演では、パントマイムの身振り手振りを入れながら、世界共通である「笑顔」の大切さや身体を動かすことで言葉が通じなくても思いが伝わることをお話しいただきました。



後半は、実際にサンキュー手塚さんの大道芸パフォーマンスの公演が行われ、全員で「見えない壁」や「ロボット」のパントマイムに挑戦もしました。


今回の講演会は、児童、PTAだけでなく地域の方にも多数ご来場いただき、多くの笑顔を溢れる一日となりました。





2019年2月2日土曜日

やきいも体験開催【豊浦小学校】

豊浦小学校の磯崎です。
TOPs(トップス:豊浦おやじパワーズ)では、やきいも体験を開催しました。
昨年に引き続き2回目の開催となりました。
昨年はTOPsでも初めての経験だったため準備面でも調理面でも失敗してしまいました。
豪快に燃える焚き火に入れて焼いた大きくて立派に見えたサツマイモは生焼けで食べられませんでした。
今年は昨年の失敗を活かし事前に試作をして上手く焼ける方法を探しました。
さらにドラム缶かまどを利用した炭焼きとしました。
サツマイモも見た目よりも美味しく焼ける大きさを選びました。
サツマイモは濡れた新聞紙で包み、その上から3重にアルミホイルを巻きました。
焼き時間も試作会で試した美味しく焼けた時間で焼きました。
その結果、子どもたちを笑顔にする甘くて美味しいやきいもが出来上がりました。
今回は小学校、かんぶり穴を守る会、豊浦まちづくり推進会の皆さんの協力を頂き成功裏に終わることが出来ました。
トップスでは、これからも子どもたちを笑顔にするイベントを企画していきます。




2019年1月20日日曜日

豊浦歴史講座【豊浦小学校】

豊浦小学校の磯崎です。
豊浦学区には「かんぶり穴」という横穴式お墓群があり、このエリアに30個弱集まっています。どれくらい昔のものかというと7世紀頃のものだというので、約1500年前のものです。横穴の中には当時の装飾と思われる色付けや模様を施したものがあります。特に貴重な横穴は状態保存の観点から普段は封鎖され中を見ることは出来ませんが、日頃開放されている横穴でも色彩や壁の模様を確認することが出来ます。
今年度、その中でも保存状態の良好な壁画を東京藝術大学大学院の学生さんが研究の一環として壁画の復元を試みました。その成果を報告して頂けるという機会に恵まれました。
下記要領にて講座が開催されますので沢山の方の参加をお待ちしております。
・日時:2月23日(土)10:00〜
・場所:豊浦交流センター 2階1号室
・講師:東京藝術大学大学院 美術研究科
     文化財保存学専攻  山崎頌平 氏
問い合わせは、豊浦交流センター(0294-43-5755)まで。
*画像は、壁画復元ソフトにより実際の壁画をスキャンして復元したものです。

(PDFが開きます)